アニマルホルダーバッグ

強制給餌も、お薬飲ませるのも全く苦労しないよーというベテランうさ飼いさんにはもしかしたらあまり参考にならないかもしれませんが…笑

私のような駆け出しうさ飼いさんや、強制給餌やお薬を飲ませるのに苦労している&うまくできない!という方にとっては、本当にとっても便利なものです。♪

うさぎが病気になると、お薬を飲ませたり、強制給餌でご飯を食べさせてあげたりしないといけないときがあります。

我が家のひなも、何度も強制給餌でご飯を食べさせて栄養や水分を補給させていました( ;∀;)

よく見るのが、シリンジ(針のない注射器)やスポイトなどをうさぎの口に入れてお薬を飲ませたりするんですが、これがまぁ大変…(; ・`д・´)

少なくとも、私は初めて実戦するときにものすごく大苦戦しました…。

病院で先生が実践して見せてくれたときは、「あれなら割と簡単にできるかも♪」と思ってしまったんですが、自宅に帰っていざ自分でやってみると暴れる暴れる…。
口の中にシリンジを入れるどころではありませんでした(´;ω;`)

YouTubeで、強制給餌のコツとかの動画を見て、タオルを巻いたりするやり方を真似したりしたんですけど、少しの隙間から強引に体をねじ込んで逃げだしたりして全くうまくいかずという散々な有様でした…。いやぁ、本当に情けない限りです(´・ω・`)

そこで、いつもお世話になっている病院の先生に相談したところ、なんと!素晴らしいアイテムを紹介してもらいました!!

それがこちら!!

我が家では強制給餌や体重測定のときに愛用しています♪

ファスナーの取っ手部分にもうさぎがデザインされていて、とっても可愛いです♪

このアニマルホルダーバッグを使ってから、一人でも強制給餌やお薬を飲ませるのが楽々できるようになったんです(*´▽`*)

それまでは二人がかりでようやくやっていたのに自分でもびっくり!

大きさも十分で、ひな(体重約1kg)が入ってもこんなにゆったりしています♪
フレンチロップのような大型うさぎでなければ、大抵の種類のうさぎは問題なく入れると思います(#^.^#)

袋に入れたら、あとはファスナーを閉めるだけ♪
このとき、毛やヒゲを巻き込まないようにだけ気を付けてください(;^ω^)

ファスナーにロック機能があるので、ファスナーをきつく閉めすぎなくても袋から飛び出す心配もありません♪
さすがに隙間がありすぎると、抜け出してしまうこともあるのでそこは調整してください笑

あとはこの状態でお薬を飲ませたり、強制給餌でご飯を食べさせてあげるだけです♪

ひなはこのアニマルホルダーバッグを使って何度も強制給餌を行っているので、今や袋に入れれば特に押さえる必要もなく食べてくれます♪

私は駆け出しのうさ飼いということもあって、お薬を飲ませるのも強制給餌をするのも全然うまくいかず、本当に頭を悩ませていました。

そんなときに病院の先生にこの商品を教えていただき、一人でも難なくこなせるようになったので、同じ悩みを持つうさ飼いさんの助けになればと思います。!

うまくお薬を飲ませられないという方がいましたら、参考にしてみてくださいm(__)m
動物医療現場の声から作られたものとのことなので、この使いやすさも納得です♪

ちなみに我が家では、汚れたとき用の予備として2枚購入しています♪
お薬は1日複数回あげることもあるので、予備もあると安心です( *´艸`)